デリヘルを楽しむコツ「飲酒後のデリヘルの注意点と楽しみ方!」−デリヘルの魅力を語る

みんながなぜデリヘルを選ぶのか?デリヘルの魅力とは?
デリヘルを楽しむコツ「飲酒後のデリヘルの注意点と楽しみ方!」を見て遊び方や100%楽しめるコツを知ろう。

デリヘルを楽しむには?デリヘル遊びのコツ

デリヘルには楽しむコツがたくさんあり、知れば知るほどデリヘル遊びにハマること間違いなしだ。デリヘルを100%楽しむにはどのような部分をチェックしておけばいいのか事前に確認しておこう。

飲酒後のデリヘルの注意点と楽しみ方!

デリヘルを利用する時は、1杯飲んだ後というお客様も多い。お酒を飲むことで、緊張感がほぐれ、デリヘル嬢とプレイしたい気分が高まってくる。では、飲酒後のデリヘルはアリか、ナシなのだろうか。今回は 飲酒後のデリヘルの注意点と楽しみ方 についてご紹介する。

緊張感がほぐれる程度であればOK

飲酒後のデリヘルは「緊張感がほぐれる程度であればOK」である。一般的にデリヘルがオープンするのはお昼頃からだ。ただし、お客様が増える時間帯は、主に夕方から、深夜にかけてだ。

仕事帰りや会食の後に、予約を入れていただく。そうなると軽く1杯飲んでから、予約を入れるケースが多い。また、人によっては酔った勢いでないと、デリヘルを呼べないという人もいる。人さまざまだ。

では、飲酒後のデリヘルはアリか、ナシなのだろうか。結論からいうと、飲酒後のデリヘルはアリだ。ただし、緊張感がほぐれる程度であればOKという条件が付く。その点だけは、意識して欲しい。

お酒と風俗は相性が良い。お酒を飲むことによって、普段抑えている性欲がムクムクと湧き上がる。なので、デリヘルに予約を入れる時は、飲酒は緊張感がほぐれる程度を心がけた方が良いだろう。

泥酔は絶対にNG!

飲酒後のデリヘルは「泥酔は絶対にNG」である。泥酔に関しては、ほぼ全てのデリヘルで、利用お断りである。デリヘルは、風俗業であっても、あくまでサービス業だ。そのサービスに対して、お客様が泥酔状態であれば、当たり前のサービスはできない。

ところで泥酔状態とは、次の状態を指す。「呂律がまわらない」「理性が保てない」「会話ができない」などだ。お客様がお酒を飲んだ後、デリヘル嬢とコミュニケーションができない状態であれば、泥酔状態であり、完全にアウトである。

また、泥酔状態の時は非常に危険である。ケガをしたり、事故にあったりすることも十分あり得る。これらのことから、絶対に泥酔状態の時には、利用を控えることをおすすめする。

勃起しない

飲酒後のデリヘルは「勃起しない」ことがある。一般的にシラフか、軽い飲酒であれば、勃起はするだろう。ところが飲み過ぎると、勃起せずに「フニャチン」になることがある。わざわざデリヘルに抜きに来ても、抜けないままタイムアップになってしまう。

ところがデリヘル嬢は、例えフニャチンであっても、頑張って勃起を促してくれる。なんとか起てば良いが、場合によっては最後までピクリとも反応しないことがある。そうなると、大事なお金と時間と気分が無駄になる。

デリヘルに行く前には、お酒は適量で抑えることが大事だ。また、今日は勃起は無理だと思った時は、日を改めて、別の日に利用することをおすすめする。

より高いエチケット意識を持つ

飲酒後のデリヘルは「より高いエチケット意識を持つ」ことだ。通常、デリヘルを利用するお客様はエチケット意識が高い。ところが飲酒後には、若干変化が起こることもある。それは、お酒の臭いやプレイ中の節度だ。

お酒を飲むと、どうしても臭う。最低でもデリヘル予約前には、口臭ケアをした方がいいだろう。それだけでも、ずい分違う。また身体から臭うアルコール臭は、プレイ前にシャワーを浴びることで、軽減することができる。こちらも必須だ。

そしてもう1つが節度だ。お酒を飲み過ぎると、誰でも気持ちが大きくなる。シラフの時にはあり得ないようなことを、言ったり、やったりしてしまう。よって、お酒を飲んでいる時のデリヘルは、より高いエチケット意識を持って遊ぶようにしよう。

適度であれば、良い雰囲気になる

飲酒後のデリヘルは「適度であれば、良い雰囲気になる」ことだ。当然の話だが、デリヘル予約前の飲酒はできるだけ控えた方が良い。ただし、適度であれば、良い雰囲気になる。

この「適度」というのは、理性が保てて、常識的な行動ができて、嬢とも円滑なコミュニケーションがとれる量ということだ。お酒を飲んでいても、嬢を不快にせず、気持ち良くプレイができれば問題ない。

雰囲気の良いお客様であれば、嬢も大歓迎だ。プレイも、ノッてくれることだろう。以上の点を意識して、飲酒後であっても、デリヘルを大いに楽しんで欲しい。

デリヘル・風俗専用のQ&Aサイト、誕生!

風俗嬢や店長、スタッフなども参加する風俗専用Q&A掲示板ができました。今まで誰に、どこで聞けばいいのか分からなかった小さなギモン・質問を気軽に投稿できます!