デリヘルを楽しむコツ「デリヘル嬢が来る前の準備」−デリヘルの魅力を語る

みんながなぜデリヘルを選ぶのか?デリヘルの魅力とは?
デリヘルを楽しむコツ「デリヘル嬢が来る前の準備」を見て遊び方や100%楽しめるコツを知ろう。

デリヘルを楽しむには?デリヘル遊びのコツ

デリヘルには楽しむコツがたくさんあり、知れば知るほどデリヘル遊びにハマること間違いなしだ。デリヘルを100%楽しむにはどのような部分をチェックしておけばいいのか事前に確認しておこう。

デリヘル嬢が来る前の準備

デリヘルはデリヘル嬢が到着するまで時間が空くことが多い。その間の時間を有効活用してもっとデリヘルを楽しむための準備をしておこう。

デリヘルを自宅・ホテルに呼ぶ場合の準備

デリヘルユーザーは、自宅に呼ぶ派とホテルに呼ぶ派の二つに分かれる。それぞれにメリットデメリットがあるため、どちらも体験してみて自分に合うほうを選ぶというスタイルをとっている男性が多い。

自宅に呼ぶ場合、シャワーの後に使うタオルを用意する必要がある。できれば大きめのタオル(バスタオルならなお可)を2枚、自分用とデリヘル嬢用に準備しておく。
小さいスポーツタイプのタオルなら、プレイ前とプレイ後用を2人分で4枚用意しておくと完璧だ。
そして更に欲を言えば、トイレと風呂など水周りだけは軽く掃除をしておいたほうがいい。特に風呂場は絶対に目に触れる場所なので、ここで印象が変わるといっても過言ではない。

反対にホテルはタオルも準備されているし風呂場もベッドも全て清掃されている。準備といえば夏は冷房、冬は暖房を入れて部屋を快適温度にしておくことくらいだ。
裸になったときを考えて部屋の温度を調節しておこう。準備だけでみると圧倒的に自宅に呼ぶほうが大変そうだが、普段からタオルを常備し掃除もしておけばホテルと同じような軽い準備で遊ぶことができる。

デリヘル嬢と思わず彼女や気になっている女友達が遊びに来る感覚で頑張ってみよう。

デリヘル嬢が来る前の時間短縮術

電話でデリヘルの予約をすると、長短あれど到着まで時間が空く。その間は何をして過ごしても自由だが、もしすでに自宅やホテルに待機をしている状態なら、以下の3点を実践してほしい。全て”もう10分前後でデリヘル嬢が到着するだろう”という時に準備してもらいたいことだ。

まず第一に歯磨き。店やデリヘル嬢によって目の前で歯磨きをしてもらわないといけない決まりがある場合もあるが、シャワーのみ一緒という場合も多い。なので歯磨きを待ち時間で済ませておけばプレイ中にする必要はないし、デリヘル嬢に対面したときの印象もいい。

その次は風呂。特に冬場は湯船にお湯をためることも多いが、コースのカウントダウン中に溜め始めると10分前後時間が取られる。
即尺などシャワー前にできるオプションを頼んでいればいいが、そうでない場合時間がもったいない。あまりに早く溜めすぎても冷めてしまうので、到着予定時間に合わせてギリギリを狙って溜め始めよう。

そして最後はトイレ。これもプレイが始まって、ん?トイレ行っとこうかな、となると数分だが時間がもったいない。しかもシャワー後だったりすると、せっかく洗ったのに…とデリヘル嬢の心証も悪い。
もし風呂でイチャイチャして盛り上がった後だったりすると、一回そのいい流れを断ち切ってしまうことになるのでおすすめしない。途中で行きたくなるのは構わないが、招き入れてすぐに行ったり、プレイ前に行ったりしないようにしよう。

早漏・遅漏気味の人におすすめの準備

デリヘル嬢が来る前の準備は、何も周りを整えることや時間短縮を狙うためだけのものではない。先に大体選ぶコースを決めておく人も多いと思うが、それは果たして自分の体調や体質と合っているのか、そこを考えて欲しい。
簡潔にいうと、自分が早漏・遅漏どちらに近いかで、デリヘル嬢が来る前の対策が変わってくるということだ。

デリヘルで時間が余ってしまったこと、反対に時間が足りなくなってしまったという体験は誰しも一度はしているものだ。もしかしたら客側である男性が体質に合った準備をしていれば、もっと楽しめたかもしれない。

自分が早漏気味だと思う人は、事前に一度オナニーで発射しておくといい。直前にするかデリヘルを予約する前にするかなどの調整は、普段のオナニー感覚をふまえて個人でおまかせしたい。
一方自分が遅漏気味だと思う人は、事前にAVやアダルトチャンネルを見て気分を高めるといい。もしくは自分で少しオナニーしておくとか、興奮までの時間を待ち時間の間に済ませてしまうのだ。

デリヘルは時間が決まっており、平均発射回数は60分で1回、90分で2回程度。もしこの準備が上手くいけば、短い時間でも2回3回と楽しめるかもしれない。

デリヘル・風俗専用のQ&Aサイト、誕生!

風俗嬢や店長、スタッフなども参加する風俗専用Q&A掲示板ができました。今まで誰に、どこで聞けばいいのか分からなかった小さなギモン・質問を気軽に投稿できます!